『人事労務戦略』構築専門のコンサルタント 株式会社サムライズ

GUIDE初めての方へ

  1. Message

    労務管理の重要性を感じる経営者様へ

    当ウェブサイトにお越しいただきありがとうございます。人事戦略立案コンサルティング株式会社サムライズ代表の品川和隆です。

    株式会社サムライズは企業の人事戦略構築支援を専門としたコンサルティング会社です。主に経営者を対象に、企業の人事管理、労務管理について指導・助言を行っております。

    さて、当社の事業に対する考え方を申し上げます。経営は「ヒト、モノ、カネ」によって成果を生み出すといいますが、とかく「ヒト」が「モノ」や「カネ」のごとく扱われてしまって、うまく機能していないようです。すなわち、やむを得ない事情で「ヒト」が「モノ」である機械設備と同じように酷使され、「カネ」である人件費として、雇用調整されてしまうということです。本来は「モノ」と「カネ」を有機的に結合してより多くの成果を生み出すのが「ヒト」の役割であると思います。

    当社の社会的使命は「ヒト」という企業の経営資源に最大限の能力を発揮させる人事戦略づくりを支援することあると考えます。

  2. Message

    大きな成果を生み出す従業員の「働きがい」

    では、どのような戦略が必要でしょうか。新型コロナウイルスの感染による国際社会への影響は、かつて経験したことのないものとなっています。日本においても社会システムの変化が余儀なくされ、とりわけ従業員の雇用形態については、「終身雇用」「年功序列」というこれまでのルールが、さらに一層通用しなくなってきます。

    すなわち、コロナショック後は「新常態(ニューノーマル)」の社会に対応した、雇用システムへの変革が企業にとって急務となっています。とりわけ従業員の「働きがい」(近年「エンゲージメント」と呼ばれるもの。)が向上するような雇用システム(労働時間制や評価制度など)に変えていくことが企業にとって重要となっています。

    ちなみに「エンゲージメント・スコア」が1ポイント改善されると、営業利益率は0.35ポイント改善されるといわれています。100億円の売上高の企業であれば3500万円生み出すことができるのですから、取り組まないわけはありません。

  3. Message

    画一的な雇用ルールからの脱却をめざして

    従業員が「働きがい」を感じるのはどのようなときでしょうか。様々なケースが考えられますが、「自分の能力が会社の業績向上に貢献している。」「自分の能力が正当に評価されている。」「場所や時間帯を気にせずに自由に働ける。」といったことが主なこととして挙げられています。

    コンサルティングとしては、従業員の「働きがい」に通じる取り組みを、クライアント企業の経営事情や従業員の担当職務に合わせて行うことになります。しかしながら、従業員の「働きがい」が向上してもクライアント企業の業績向上につながっていなければ、ただの自己満足に過ぎません。そうならないためには、常に「働きがい」が「業績向上」につながるように、経営者も従業員も強い覚悟をもって「変革」に取り組まなくてはなりません。

    当社は、このように「変革」に社運をかけて取り組もうとする経営者様とともに考え、悩み、そして歩んでまいりたいと考えておりますので、どうぞ安心してお声がけください。

無料メールマガジン登録

今週のコラム、各種ご案内をお届け中です。ぜひ、ご登録ください。

登録解除